2013年

8月

10日

福島、多頭飼育現場へ。。。

今月も、やって来ました、福島の多頭飼育現場まで。

 

つくばから女4人、東京から女2人。

 

ゆかさん、ゆーさん、ともちゃん、おかめの4人が、やまゆりファームのベコさんにあげる米ぬかの袋を山のように積んで、ぎゅうぎゅう詰めでやってきました。

 

敬子さん、じゅねさんは、東京から東北道で。

 

計6人で大掃除とゴミ出しです。

 

けっこうな量の缶とゴミがたまっています。

 

軽トラックを借りて、敬子さんが運転、ともちゃんが助手席に乗って、クリーンセンターを2往復しました。

 

7月は大雨で清掃作業ができなかったので、今回は2ヶ月分のゴミの片付け。

 

4月に初めて入ったときに比べ、臭いもそれほど強烈でなく、犬も穏やかです。

 

 

先月、ひとりで入ったときには、ボスのチャコに袖を噛まれましたが、

 

今回は人間がたくさんいたせいか、犬たちもしおらしく扱いやすくて助かった。

ビニールキャップを頭にかぶり、長靴をはいて、完全防備の女6人、たくましや。

うれしかったことは、犬たち全員に毛がふさふさと生えていたことです。 幸四郎の元気な姿も確認できました。 今回も、フロントラインの投薬をしました。

庭もきれいになって、犬に薬もつけ、家のなかも少しはさっぱりして、ほっとしました。 みんなでコタツを持ち上げて、下にきれいなゴザも敷き、汚れて湿気ったコタツ布団を処分して新しいものと交換しました。 真菌が再発したら、治療にも時間とお金がかかります。 なんとか、清潔に保てば、皮膚病も予防できます。 カビの生えた寝箱を処分し、シーツも全とっかえ。

おばあさんは給餌に忙しい。

before 家のなかは相変わらずのゴミの山、ウンチの山です。 これを捨てて、ハイターをまいて、新聞やペットシーツで清掃します。

after 今回は、家のなかの清掃も、国分寺のじゅねさんが手伝って下さいました。 介護の仕事をされているので、少々の臭いや汚れは大丈夫だそうです。 あ~心強い仲間ができた!

水道は家の外にしかないので、おばあさんは、ここで炊事も洗面も行います。 震災がきっかけで、家のなかの水が出なくなってしまったそうです。 ところが水の受け皿も水道管もないので、水は庭に流れていき、地面は常に水浸しの状態です。 雨水のたまった桶にはぼうふらが湧いていて、蚊が大量発生しています。 じゅねさんがそこにハイターを入れて水を捨て、皿やなべを洗って下さいました。

おばあさんの自宅の掃除と、禿げ犬の投薬が終わったら、今度は

 

近所にあるシェルターの犬たちのために、水をくんで持って行きます。

奇しくもこの日はちょうどおばあさんのお誕生日でした。

 

だから、ケーキを用意していき、みんなでお祝いしました。

いつまでも元気でね!

 

犬たちのためにも。

 

 

 

 

 

 


お茶とケーキで一服。

 

一瞬であっても、ほっとするひとときがうれしい。

 

おばあさんは、とっても喜んでいらっしゃいました。

 

ありがとう、ありがとう、と。

 

 

 

仏様にもあげてくるわ、と、仏壇に運んでいらっしゃいました。

 

 

 

「話し相手がほしいみたい」と、ともちゃん。

 

これから月に一回の掃除と投薬に、ずっと参加したいと言ってくれています。

最後に、お借りした軽トラックを洗いながら、みんなで考えました。 「今度は流し台と水道管がほしいね。 安く売ってるよ、きっと。 水を使ったら地面がびしょびしょ、あれじゃ冬も可哀想だよ、犬たちが。」 やることは山のよう。 温泉で汚れと臭いを落とし、東京組とつくば組に分かれて帰途につきました。 が、温泉のイオウ負けで、再びジンマシンが。 福島帰りの数日間は、いつもかゆみに苦しんで過ごしています。 わたし(おかめ)だけでなく、ゆーさんも、その晩イオウにかぶれたとのこと。 ともちゃんとゆかさんは大丈夫のようです。 次回から温泉を変えようかな。

協賛企業

RING!RINGプロジェクト
RING!RINGプロジェクト
オートレース
オートレース
財団法人JKA
財団法人JKA

リンク

動物愛護を考える茨城県民ネットワーク
動物愛護を考える茨城県民ネットワーク
全国動物ネットワーク
全国動物ネットワーク
ANJシェルター里山日記
ANJシェルター里山日記
セキスイハイム
セキスイハイム
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
ロンリーペット
ロンリーペット
東北地震犬猫レスキュー.com
東北地震犬猫レスキュー.com

画面上のタイトルをクリックすると大きな画面で見ることができます。