2013年

4月

06日

モカちゃん大阪お届けとペット法塾勉強会参加

ゆーさんが動物指導センターから31日に引き出されたトイプードルのモカちゃん。

病院で診察を受け、ゆ-さんのご自宅で静養させ、温泉のお風呂にも入って可愛くトリミングもされ、

4月4日、晴れて里親様の待つ大阪へ移動となりました。

 

たまたま、大阪で開かれるTHEペット法塾主催の動物実験の勉強会に参加することになっていたので、

モカちゃんといっしょに新幹線に乗って、大阪へのK様のおうちにお届けをさせて頂くという大役を仰せつかり、私もお手伝いをさせて頂けてうれしかったです。

 

引き出しを検討して悩むゆーさんのブログをご覧になって、里親様を名乗り出られたK様。

ご主人様もK様も、とても心あたたかく、小型の保護犬を複数かかえていらしたのに、

モカちゃんを引き受けてくださることになったのです。

 

ゆーさんの熱意と、K様の愛情が、1匹のトイプードルの未来を変えました。

モカちゃんのスペースがきちんと用意されていました。

 

シートも、寝床も。

 

シーズーたちが、はしゃいで迎えます。

 

モカちゃんが安心できるように、若めのシーズーちゃんたちは幼稚園(トレーニング教室)にお出かけとなりました。

 

モカちゃんが環境に慣れるまでは、おばあちゃんの犬だけが、ゆったりとモカちゃんと過ごします。

 

何から何まで配慮されて、モカちゃんは幸せです。

 

ペット可の物件か、終生飼養できるか、医療はかけられるか、などの譲渡のための条件はすべて難なくクリアされ、近日中にモカちゃん譲渡の誓約書をK様と交わすこととなりました。

 

 

K様には、新大阪駅ホームにお迎えに来ていただき、またtheペット法塾の勉強会会場まで送っていただくこととなり、感謝申し上げます。

勉強会では、阪大(を退官されたばかり)の黒澤努さんに、スライドを用いて動物実験のことや、留学時代の経験、国際情勢について、興味深いお話しを伺いました。

 

海外の、効率のよい、進んだ獣医療の現場を体験されてきた方のお話には、学ぶところが多く、海外と日本とのあらゆる側面でのレベルの違いを思いました。日本での研究や体験にとどまることなく、欧米に目を向け、知識や経験を吸収することの大切さを実感しました。黒澤さんの話をぜひ日本の若い世代の人たちに聞かせたいものです。獣医学に限らず、あらゆる分野でそれが活かされるはずです。

 

 

私たちは、まったく立ち位置が異なりますが、日本の動物実験をせめて国際的なスタンダードにそろえたいとの思いは共通しています。わが国の法規制のない動物実験は、どうみても、もはや許容されえないということ、実験の自主管理・自主規制というのは成り立たないことを、外の者だけでなく内部の人たちもきちんと認めて声を挙げるべきです。

このままでは世界の笑われものです。

 

 

         ***

 

 

豆腐料理店での懇親会では、ご家族のこと、福島に残された被災動物たちのことなど、お酒を交えて楽しく語り合いました。

 

酒に真実あり。

あ~酔い酔い。

 

3人の実験関係者と、4人の弁護士と、4人の動物ボランティア。

みんなで鍋をつついての語らい、交流が、実験動物のこれからを変えていく流れをうむことを信じて。

協賛企業

RING!RINGプロジェクト
RING!RINGプロジェクト
オートレース
オートレース
財団法人JKA
財団法人JKA

リンク

動物愛護を考える茨城県民ネットワーク
動物愛護を考える茨城県民ネットワーク
全国動物ネットワーク
全国動物ネットワーク
ANJシェルター里山日記
ANJシェルター里山日記
セキスイハイム
セキスイハイム
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
ロンリーペット
ロンリーペット
東北地震犬猫レスキュー.com
東北地震犬猫レスキュー.com

画面上のタイトルをクリックすると大きな画面で見ることができます。