2013年

9月

08日

栃木のマスターと協働

栃木のマスターは、まったくもって、サンタクロースのような方でした。(写真左)

ひげだけでなく、フロントラインや消毒液など、たくさんのプレゼントを福島のワンコのために持って来てくださったのです。

 

消毒液を背中に背負って撒いて歩く姿は、サンタさんそのもの。

 

これまで、栗坊の車椅子にご寄付を頂いたり、お電話で話したり、ゆーさんつながりでいろいろなご協力を頂いていましたが、今回、福島多頭飼育崩壊現場でご協力下さることになり、初めての顔合わせ&協働となりました。

 

マスターは、大工さん(中央)や東京アニマート(右)のさいとう氏といっしょに福島入り。

 

ありがとうございます!

お目にかかれてとても光栄でした。

エコクリーンの薬剤やフロントライのご提供に、心から感謝いたします。

 

マスターは栃木県のセンターから成犬・子犬を相当数引き出して、ご自分のシェルターに入れて譲渡にご尽力されています。

 

お忙しいなか、おばあさんの自宅の消毒にご協力下さるとのことで、

私たちもありがたくご協力を頂くことにしました。

 

また、30匹いるドッグランの壁に開いた3つの穴を塞ぐために、大工さんを頼んで下さいました。

 

このご恩は忘れません。

ウンチとネズミの死骸と缶を掘り出すと、カビの生えた毛布が出てきました。

 

これは、人、そして犬の健康に悪いです。

 

これでは皮膚病になります。

茨城からは、ともちゃん、ゆーさん、M博士、もふなさん、おかめの5人が参加。

東京からは敬子ねえさん、じゅねさんの2人。

栃木からマスターさんと大工さん、さいとう氏の3人。

現地で集合し、着替えて作業。

 

急遽ホームセンターでマスターが買ってこられた草刈り鎌で、背丈より高い雑草をバッザバッサとなぎ倒し、あっという間にすっきりしたドッグラン。

 

マスターさんは大工さんを頼んでくださったので、30匹いるドッグランの穴ふさぎが実現しました!トタンを使っての応急処置、みごとでした。

もうこれで脱走しない。

 

ゆーさんとおかめ、さいとう氏(東京アニマート)で、ドッグランの入口まわりと物置の掃除。

強烈な臭いの中で、缶をひろい、ゴミを集めてビニールに入れていきます。

 

ゴミと間違えて巨大どぶネズミのミイラを何体も掴んでいました。

(ぺっちゃんこでしたが歯と爪でネズミであることがわかったのです。)

黙々とと、青カビのはえた皿を洗い、ウンチの山を集めていきます。

突風が吹き、時折ざっと大きな雨粒が降りかかります。

 

栃木での突風の被害がニュースで流れてきました。

 

マスターは栃木から来ています。

おばあさんがマスターに声をかけています。「あんたんとこ大丈夫か?」

急いでシェルター当番さんに電話をかけて安否を尋ねるマスター。

 

今回は、ドッグランに手を付けられてよかったです。

 

春には自宅の15匹の皮膚がひどく、こちらの犬は大丈夫そうでしたが、

今度は自宅の犬は毛並みよく輝き、ドッグランの30匹の犬たちのほうが赤くはげていました。

 

おばあさんは、ハンサム先生から真菌の飲み薬を取り寄せたそうで、こちらも飲み始まっているとのこと。

それならよかったです。薬が効けば治るから。

飲ませるしかありません。

 

ハンサム先生のことを「東京の先生」と呼んでいるのがおかしかった、茨城なのに。

 

おばあさんの自宅に電気がついた!

サンタクロースのマスターは、背中に消毒薬を背負って、自宅とドッグランのプレハブ掘っ立て小屋にまいてくださった、おかげですっきり、安心。

ドッグランの周辺の藪には八チよけの防虫剤も。

 

自宅のほうはもふなさん、じゅねさん、M博士が、ゴミだしとウンチ拾いに新聞紙敷きなどの床掃除。

ともちゃんと敬子ねえさんが軽トラでゴミの運搬。

18時半まで、みんなよく働きました。

 

温泉で急いで汗流して、19時半に福島出発、シェルターまわって11時半にはつくば駅着。

草ぼうぼうのドッグラン、でもこれがスッキリ刈り取られました。(写真はありません。)

水道の蛇口を調整する敬子ねえさん。

ひたすら洗うもふなさん。

自宅の庭が片付いた!

今回はゴミ出し軽トラ2往復なり。

じゅねさん、きれいに片付けてくだいました!

すっきりです。

 

安心しました。

犬たちもすっかり皮膚がよくなりました。

 

今月分のフロントラインをおばあさんにお渡ししました。

マスターから、バイオチャレンジやフロントラインを頂戴いたしました。

ありがとうございます。

これでしばらくもちそうです。

船橋市の大槻香織様からのご支援のフロントラインだそうです。

ほんとうに助かります。

ここのワンコのために、大切に使わせていただきます。

 

来月の福島多頭飼育サポートは10月2日(水)を予定しています。

 

古新聞、古い長靴、ゴム手袋、シャワーキャップ、ペットシーツなど、もしもご不要のものがありましたら

ありがたく受け取らせて頂きます。

 

capin事務局

協賛企業

RING!RINGプロジェクト
RING!RINGプロジェクト
オートレース
オートレース
財団法人JKA
財団法人JKA

リンク

動物愛護を考える茨城県民ネットワーク
動物愛護を考える茨城県民ネットワーク
全国動物ネットワーク
全国動物ネットワーク
ANJシェルター里山日記
ANJシェルター里山日記
セキスイハイム
セキスイハイム
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
ロンリーペット
ロンリーペット
東北地震犬猫レスキュー.com
東北地震犬猫レスキュー.com

画面上のタイトルをクリックすると大きな画面で見ることができます。