2013年

7月

30日

おやすみチャッピー、また会えるまで。

チャッピーが7月27日に虹の橋を渡りました。

犬猫執事さんからのチャッピーへのお花です。ありがとうございます。
犬猫執事さんからのチャッピーへのお花です。ありがとうございます。


なかよしだったチャイと。

 


皆さんに可愛がられて、チャッピーは幸せでした。

最後の頃は、こんな表情をしていたんです。

こんなに嬉しそうに人を見上げています。

可愛がられて、安心しています。

よかったです。

 

ありがとう、とチャッピーはみんなに伝えているようです。

しばらく心の整理がつきそうにありません。

 

8月になったら緑内障の手術をする予定でした。

お別れはずっと先だと信じていました。

 

こんなにあっけなくあちらに行ってしまい、小さなお骨になってしまいました。

 

***********

 

君からはたくさんの勉強をしたよ。

脳の障害。

赤いおしっこ。

でも何とか助けたく、フィラリアの手術をしてくれる病院を探して東京に行った。

時間との闘い。

フィラリアの親虫はそうめんのようにつややかで細かった。それが何十本もとれた。

茨城には予防をされずに5~6歳でフィラリアで亡くなる犬が多いのに、なぜこれを治せる病院が少ないのか。

いろんな現実がわかった。

 

狭くて暗いところが恐かったのか、突然豹変して、何度も噛まれた。(まだ上腕に歯形がついている。)

チャッピーの心の闇がただ悲しく、寄り添うしかなかったな。

でも信頼する人には、たっぷり甘えてくれたチャッピー、

シェルターに来たばかりの頃は攻撃が激しかったけれど、場所に慣れたら穏やかになった。

 

男の人にすら、慣れてくれるようになった。

最後はこんなに笑ってる。

 

(写真では、ドラメイさんのパパさんに、甘えてこんな表情をするようになった。

愛情をかけて下さり、ほんとうにありがとうございます。

男の人がやさしい、ということをわかってから旅立てました。)

 

なぜか、愛されていたんだネ。

葬儀には10人以上が駆け付けて下さって、チャッピーはあたたかく見送られて、こんなに幸せだったことないね。

 

**************

 

保護したときは、腎臓も肝臓も最悪の数値で、あと2週間の命だったと言われました。

 

突発的な攻撃性など、飼いにくい条件ばかりで、アメリカではすぐに安楽死だったそうです。

 

でも、こんなに飼い犬としての条件が最悪な犬さえも、

人に愛されて、人を愛することができるということがわかりました。

だったら安楽死してもよい命などないのだな。

命はひとつ。

雑種でも大型でも中型でも、病気でも、等しい重みの命。

 

飼いやすいか飼いにくいかは、実はあまり重大な問題ではないのかもしれません。

どの子も、オンリーワンな命と考えれば。

 

この子は貰い手がつきそうだ、とか、これじゃ譲渡がきびしそうだ、とすぐに考えてしまいがちの私たちですが。

 

たくさんのことを教えてくれて、ありがとう。

ボランティアのみんなをつなぐかすがいのようだったチャッピー。

怒り狂うような激しさがあって、同時にとろんと甘いチャッピー。

これからも私たちのシェルターを見守っていてほしいな。

チャッピーが見守ってくれていたら、どんなことも耐えていけるような気がします。

 

 

協賛企業

RING!RINGプロジェクト
RING!RINGプロジェクト
オートレース
オートレース
財団法人JKA
財団法人JKA

リンク

動物愛護を考える茨城県民ネットワーク
動物愛護を考える茨城県民ネットワーク
全国動物ネットワーク
全国動物ネットワーク
ANJシェルター里山日記
ANJシェルター里山日記
セキスイハイム
セキスイハイム
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
ロンリーペット
ロンリーペット
東北地震犬猫レスキュー.com
東北地震犬猫レスキュー.com

画面上のタイトルをクリックすると大きな画面で見ることができます。