2013年

5月

16日

シェルター点描、そして大熊次郎

CAPINシェルターをたくさんの方が訪問くださいます。

 

被災動物の碑をカメラに収めるため、GW連休に川崎から来られた藤田観竜さん。

 

震災関連の記念碑を撮影するのがライフワークだそう。

 

フリーカメラマンさんです。

 

CAPINシェルターの石碑は、こんど京都の仏教系の雑誌に掲載されるそうです。

 

とても楽しみにしています。

このところ、ずっとシェルターにボランティアに入ってくださっているMさん、

 

ドッグランの草取りや、ワンコのブラッシングを丁寧にしてくださいます。

 

先日は守谷の譲渡会にも来て下さいました。

 

ありがとうございます。

お天気の日、犬の毛布やマットを日干し。

 

風でめくれてしまいましたが、これで犬もさっぱり。

ニンゲンのほうの看護師さん、Tさんは、犬も猫も飼っていて、シェルターにもよくお世話に通って下さいます。

 

線香花火のクロとアンがおやつをもらっているところ。

 

 

明日、八王子に譲渡となるどんぐり。

 

もふなさんとあーちゃんがお届けされます。

 

ずっと元気でね、どんぐり。

ぶうちゃん。

 

かわいいホッキョクグマ。

ドッグランにも雑草がはびこり、草刈りが必要です。

ドラメイさんが犬のために薬箱を用意して下さいました。

 

毎日、それぞれの犬に飲ませるべき薬を与えたかどうか、一目瞭然です。

 

容れ物もカラフルで、投薬の作業も楽しくなります。

 

 

シェルターの倉庫に蛇が出たそうです。

 

ツバメの巣のたまごを狙っているのかも。。。

 

こんなグッズを使うことに。「ヘビを寄せ付けない」キョーレツな臭いのする忌避剤です。

 

ついでにネズミ避けも。

チャッピー。

 

定位置は倉庫の脇です。

 

この倉庫に、オレンジの長いヘビが出たといいます。

 

「あたしがいたら、さっさとつかまえてあげるんだけどね~」

 

(男勝りの)大家さんのNさんでした。

 

ダブルキャリアの大熊次郎。

 

おかめ宅に移動しました。

 

こんなに甘えん坊の大熊次郎。

 

熱が高くてつらいのに、ごろごろ言ってくれます。

残された、かけがえのない時間。

気分のいいときは、少し動き回れる。

おとといは、あきこさんが会いにきてくれた。

kaikoumegakuさんも、やさしく抱っこしてくれた。

 

次郎、幸せね!よかったね。うれしそうにしています。

ともちゃん、ゆーさんも会いに来てくれてありがとう。

 

大熊次郎は、呼吸が苦しくなると、食べることも飲むこともできず、あえぐばかりです。

 

5月9日に胸水を65cc抜いて、呼吸が楽になりました。

 

数日は楽になり、ad缶も半分くらいは食べられたり、動いたりします。

 

でもまたすぐに溜まって苦しみ、心臓がバクバクで、やっと朝を迎えて、14日にも100ccを抜きました。

 

限られた時間を、ゆったりと過ごしています。

 

ご飯がたべられる限りは、精一杯見守ります。

 

夜は抱き合って、眠ります。

 

人が大好きで、人にすがってくる猫です。

 

 

あきらかに人に飼われていた猫です。

 

飼い主さんは、どこかで探しているのではないかしら。

 

それとも津波でさらわれたのか。

 

 

苦しいときには身を隠す猫が多いのに、次郎ちゃんは、枕元に座ってあえぎながら、

 

じっとこちらをみつめ、苦しみを訴えるばかりです。

 

なんとかしてあげたくても、朝がくるまでは、寄り添うしかできません。

 

 

限られた濃密な時間にこそ、いのちの輝きを思います。

 

こうなれば、最後は苦しまないでいけますように、もうそれだけです。

協賛企業

RING!RINGプロジェクト
RING!RINGプロジェクト
オートレース
オートレース
財団法人JKA
財団法人JKA

リンク

動物愛護を考える茨城県民ネットワーク
動物愛護を考える茨城県民ネットワーク
全国動物ネットワーク
全国動物ネットワーク
ANJシェルター里山日記
ANJシェルター里山日記
セキスイハイム
セキスイハイム
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
ロンリーペット
ロンリーペット
東北地震犬猫レスキュー.com
東北地震犬猫レスキュー.com

画面上のタイトルをクリックすると大きな画面で見ることができます。