2013年

5月

15日

5月4日、小川一成県議の事務所訪問

守谷市議会議員の末村先生とともに、山猫、ゆーさん、おかめで、小川一成県議とミーティング&勉強会。

 

私たちが求めているのは、殺処分ゼロです!

 

でも、その実現にはまだ時間がかかるでしょう。

 

いのちある犬猫を安易に飼っては安易に捨て、避妊去勢を怠って安易に増やし、その結果、

 

年に6千近くの犬猫が処分されている茨城県。

 

1日あたり17匹前後の頭数が、ガスの処分機で命を絶たれています。

 

あまりにも数が多く、処分ゼロを実現するには時間がかかります。

 

でも、殺すにせよ、せめて苦しまない方法で、行うことはできるのではないか。

 

ゼロ実現に至るまでの、過渡期の今は。

 

ある獣医さんが、ビーグル犬に実験をして、二酸化炭素ガスでの処分が苦痛を伴うものであると

 

論文に書いてくださっています。

 

でも、行政の方は、苦しまない、安楽死だ、とおっしゃいます。

 

真実はどうか、私たちはそれを確かめたいのです。

 

ほんとうのことを知りたいのです。

 

私たちの税金で行われているガスでの処分が、苦痛をもたらさないというのは本当でしょうか?

 

そして、苦しむことがわかれば、この処分法を変えられないわけがありません。

 

多くの国民が、こうした命の行政処分に胸をいためていますから。

 

この残忍な方法に納得をしていませんから。

 

ガスで処分される、これがどういうことか、私たちは見極めたいのです。

 

私たちのシェルターで命をつないだひかるも、モカちゃんも、さくらも、カイトも、

 

笠間の動物指導センターにいったん入って、そこから引き出され、やってきました。

 

うちの子たちの、運命だったガスでの処分です。

自分の保護した子たちの運命なら、自分の運命そのものです。

 

どうしても無関心ではいられません。

 

これまで、目が合っても助けられなかった、たくさんの犬や猫がたどった運命です。

 

今はもうない命たちが、星になって、いつも私たちにささやきます。

 

 

      「ぼくの声になって!... 」

協賛企業

RING!RINGプロジェクト
RING!RINGプロジェクト
オートレース
オートレース
財団法人JKA
財団法人JKA

リンク

動物愛護を考える茨城県民ネットワーク
動物愛護を考える茨城県民ネットワーク
全国動物ネットワーク
全国動物ネットワーク
ANJシェルター里山日記
ANJシェルター里山日記
セキスイハイム
セキスイハイム
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
ロンリーペット
ロンリーペット
東北地震犬猫レスキュー.com
東北地震犬猫レスキュー.com

画面上のタイトルをクリックすると大きな画面で見ることができます。