2012年

12月

14日

コビちゃん、ゆったりしよう!

昨年の夏、アニマルエイドさんによって、警戒区域だった南相馬の安田文具店の前で保護されたため、

「安田君」と呼んでいた猫さん、りんとした男っぽい気高な猫で、魅力があります。

 

飼い主さんがみつかって、ほんとうによかったです。

ほんとうのお名前は「コビちゃん」でした。

 

コビちゃん、残念ながらエイズ陽性です。

ずっと鼻水、口内炎と闘ってきました。

 

とうとう食べられるのは決まった缶詰だけになってきました。

 

それも、お皿ではダメで、手で少しずつ舐めさせてやっとです。

体重も減ってきました。

 

昨日は、こたつぶとんに血の混じった唾液がたくさんついていました。

つらいね、コビちゃん。

 

 

私たちも、お医者様や飼い主さんと相談をしながら、2週間に1度の注射を続け、ステロイドの種類を変えてみたり、

口内炎の塗り薬を試してみたりとしてきましたが、口内炎は簡単にはよくなりません。

 

この頃は皮膚もがさがさになって、頭部から毛が落ちるようになってきました。

 

CAPINシェルターのボランティアたちも、これまで随分、自宅でエイズや白血病の保護猫を看取ってきています。

コビちゃんには刺身を刻んだりトリをゆでたりと、ベストを尽くしながらも、最悪のことも覚悟をしています。

 

(2年前の1月に看取った猫が、口内炎の症状も、脱毛の仕方もコビちゃんと同じでした。

11月に脱毛し、1月には逝ってしまったハセヲ。コビちゃんにどれだけの時間が残されているかわかりません。

が、こうなったら日々が大事だと思っています。)

 

だれでも通る道で、みんなついているから大丈夫だよ、ゆっくりのんびりしようね、と抱きしめ、添い寝すると、

痩せた体でゴロゴロいってくれます。

 

もう1年も暮らしているこたつ部屋だから、そして飼い主さんがご家族で通って下さるここが、きっと安心な

場所です。

 

飼い主さんもシェルターにはよく来て下さって、私たちに労いの果物やお菓子までお送りくださって、

コビちゃんはほんとうに愛されているんだとうれしくなります。

 

コビちゃんを大事にしていたおじいちゃんも、コビちゃんを見守っているはずです。

 

こちらとあちらの境目で、命の輝きを強く感じます。

 

 

 

気高いコビちゃん、これまでお疲れ様、ここでゆったりしようね。

 

 

協賛企業

RING!RINGプロジェクト
RING!RINGプロジェクト
オートレース
オートレース
財団法人JKA
財団法人JKA

リンク

動物愛護を考える茨城県民ネットワーク
動物愛護を考える茨城県民ネットワーク
全国動物ネットワーク
全国動物ネットワーク
ANJシェルター里山日記
ANJシェルター里山日記
セキスイハイム
セキスイハイム
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
ロンリーペット
ロンリーペット
東北地震犬猫レスキュー.com
東北地震犬猫レスキュー.com

画面上のタイトルをクリックすると大きな画面で見ることができます。