2012年

10月

03日

動物専門学校の先生方がお越し下さいました

シェルター運営には多くの方のご協力が必要です。

犬猫の福祉やQOLは、人手のあるなしに左右されることが多いからです。

 

あらゆる分野の方を巻き込んで、いろんな方のお力を借りて、動物の殺処分ゼロをともに目指していきたい、と思っております。

 

なかでも、小さなお子さんや若い方には、是非とも小さな命の大切さを伝えたいと、当会では子どもたちへの働きかけに努めてきました。

 

児童館の夏の行事(クイズや影絵劇)や地域のまつり(パネル展示やチラシ・手作り絵本配布)を通して、茨城県の子どもたちへ「いのちの教育」をコツコツと続けていっております。草の根の活動で、地域が確実に変わっていきますように、と願いながら。

 

このように、児童の育成と学生さんへの啓発は、CAPINがとても期待をかけて重要視する活動です。

 

動物のことを勉強されている学生さんたちにCAPINシェルターをお手伝い頂けたら、どんなにか未来が明るくなるだろう、私たちも飼育をお手伝い頂けたらありがたい、そう思ってお声をおかけしたのが、A動物専門学校さんです。

チャッピーとS先生
チャッピーとS先生

昨年、夏から秋にかけて、CAPINのメンバーは、福島県第一シェルターにボランティアに行きました。そのとき偶然ボランティア活動でご一緒したのが、A動物専門学校さんです。こちらの学校は復興支援にも力を入れられて、マイクロバスでたくさんの生徒さんたちを引率し、動物のシャンプーや散歩のお世話をされていました。

 

引率の先生に伺ったところ、何と、同じ茨城県南からいらしているとのこと。シェルターができたらお手伝い頂けますかと打診していました。そんなこんでご縁があって、まずはシェルターへ見学に来て頂くことに。

 

A動物専門学校はシェルターまで車で片道30分の近距離です。

 

そして2日、先生方がCAPINシェルターを訪れて下さり、猫舎や犬舎をご案内しました。

大変動物思いのやさしい先生方でした。

ご自身もmix犬を沢山保護されていらっしゃり、命の大切さ、まずこれを生徒たちに伝えたい、と、おっしゃっていました。

そして、ボランティア協力支援をお願いできることになりました。

 

プロの目で、色々なアドバイスを頂戴しました。

 

不思議なことに、飼育困難犬と言われる「噛みつき・吠えつき」チャッピーが、初対面の先生方を前に、吠えなかったのです!

 

ゴッド・ハンドと呼ばれるS先生の手を舐めて甘える犬たちに、あきこさんもNさんも私もびっくりしました!

 

A動物専門学校の先生方の高い志と、若い学生さんたちのお力をお借りしながら、保護動物たちがハッピーになりますように。

 

そして、このシェルターが私たちの目指している「人も動物もコミュニティーもしあわせになれる場所」「わくわく楽しい場所」に限りなく近づきますように。

協賛企業

RING!RINGプロジェクト
RING!RINGプロジェクト
オートレース
オートレース
財団法人JKA
財団法人JKA

リンク

動物愛護を考える茨城県民ネットワーク
動物愛護を考える茨城県民ネットワーク
全国動物ネットワーク
全国動物ネットワーク
ANJシェルター里山日記
ANJシェルター里山日記
セキスイハイム
セキスイハイム
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
ロンリーペット
ロンリーペット
東北地震犬猫レスキュー.com
東北地震犬猫レスキュー.com

画面上のタイトルをクリックすると大きな画面で見ることができます。